色を知る COLOR PALETTE #012 曙(あけぼの) 景色を彩るうつくしい色の呼び名
カテゴリ
STAFF BLOG
2019.08.16

色を知る COLOR PALETTE #012 曙(あけぼの) 景色を彩るうつくしい色の呼び名

色の文化は、気候や風土によって育まれるもので、日本には日本の伝統色があります。伝統色と聞くと地味な色を想像しますが、鮮やかで素敵な色がたくさんあります。

もちろん日本だけでなく海外にも昔から受け継がれた伝統色があります。そして伝統色には、微妙な色味のそれぞれに素敵な名前が付けられており、名前を聞くだけでどんな色なのかが目に浮かぶような風情のある名前もあります。

そこで「COLOR PALETTE ~色を知る~」では、景色を彩る美しい色の呼び名についてご紹介します。

AKEBONO

#012

曙色(あけぼのいろ)とは、夜明けの空の色を思わせる朝焼けのような淡い黄赤色のこと。サーモンピンクに近いオレンジ色がかったピンク色で、「東雲色(しののめいろ)」もほぼ同じ色をさすが、こちらは早暁の空に浮かぶ雲の色を表す。

江戸時代前期に、裾を白くし、上部を紅や紫などでぼかしていく「曙染」が流行し、ほぼ同時期に西洋でも「オーロラ」という色名が登場した。オーロラはローマ神話にでてくる女神の名で、夜明けの空を染めるピンク色を表す。

#F19483

C

0

M

57

Y

47

K

0

R 241


G 148


B 131


  • ローズクオーツとチェコスクエアのブレスレット:曙霞
  • TNK works
    ローズクオーツとチェコスクエアのブレスレット:曙霞

    乳桃色と透薔薇色のチェコスクエアと、白金色のメタルビーズ・ローズクオーツを連ねたブレスレットです。甘くとろける桃色と滲みが美しい透き通った薔薇色のチェコスクエアの間に,プラチナカラーのメタルビーズとほんのり薔薇色がさすローずくオールを連ねました。着脱しやすいマグネットクラスプです。光沢をおさえた,肌なじみの良い薔薇色が,手首をより美しく見せます。

    ¥1,480(税込)
    shop : Creema

文/WATASHINO編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • pocket




RANKING

ランキング

  • WATASHINO ONLINE STORE
  • IROGAAL
  • PERSON 経営者・VIPインタビュー
  • 広告


Page Top