色を知る COLOR PALETTE #015 猩猩緋(しょうじょうひ) 景色を彩るうつくしい色の呼び名
カテゴリ
STAFF BLOG
2020.01.17

色を知る COLOR PALETTE #015 猩猩緋(しょうじょうひ) 景色を彩るうつくしい色の呼び名

色の文化は、気候や風土によって育まれるもので、日本には日本の伝統色があります。伝統色と聞くと地味な色を想像しますが、鮮やかで素敵な色がたくさんあります。

もちろん日本だけでなく海外にも昔から受け継がれた伝統色があります。そして伝統色には、微妙な色味のそれぞれに素敵な名前が付けられており、名前を聞くだけでどんな色なのかが目に浮かぶような風情のある名前もあります。

そこで「COLOR PALETTE ~色を知る~」では、景色を彩る美しい色の呼び名についてご紹介します。

猩猩緋

SYOJYOHI

#015

猩猩緋(しょうじょうひ)とは、緋の中でも特に強い黄みがかった鮮やかな緋色のこと。「猩猩」とは、古代中国で生み出された空想上の生き物で、人に似た顔、子供のような声、鮮やかな赤い体毛を持ち、体つきは犬や猿に似ているという。その血がとても赤いことから、猩々緋という色名が誕生した。

室町時代後期からの南蛮貿易により舶載された毛織物のうち、とくに羅紗(らしゃ)に多く見られ、戦国時代の陣羽織に多く使われた。また西洋でも赤はしばしば血の色に結びつけられ、血の赤を意味するブラッドレッドはローマ神話のビーナスの血のような美しい赤を表す色名、もっとも赤らしい赤とされていた。ちなみにクリスマスの頃に見られる植物「ポインセチア」は、伝説上の生き物「猩猩」に色が似ていることから、和名は「猩猩木(ショウジョウボク)」と名づけられた。

#e2041b

C

12

M

99

Y

96

K

0

R 226


G 4  


B 27  


  • 西陣せがわ裂地【猩々】朱色1m
  • 西陣せがわ
    西陣せがわ裂地【猩々】朱色1m

    お能の一場面を表す「猩々(しょうじょう)」という文様です。「西陣せがわの裂地(金銀糸を除く絹百パーセント)」は、経錦織の特徴(裏に糸が通らず、経糸で模様を出す)を生かして折り紙感覚で鶴やかぶとも折れる腰のある織物。又、裏よりスチームアイロンをしっかりかけてもらえば、木目込み人形にも使いやすい、しんなり柔らかな素材に変身します。色・柄も数百種類の中からお選びいただけますので、お茶道具の袋物、古袱紗、出袱紗や信玄袋、バッグやポーチなど和雑貨まで幅広く使っていただけます。

    ¥5,060(税込)
    shop : 京の逸品老舗モール

  • NUTS(猩々緋)
  • TEORI(テオリ)
    NUTS(猩々緋)

    竹集成材の美しい模様を活かしデザインされた、ころんとした形のボウル、NUTS(ナッツ)。まるでヤシの実のようなデザインのNUTS(ナッツ)は、内側のナチュラルな色と、外側の優しく鮮やかな色遣いが相まって、和モダンな雰囲気を漂わせています。丸いフォルムと緩やかな曲線が美しいNUTS(ナッツ)。使用している色は、日本の伝統色である若葉色や墨色と、温かみを感じる色合いが魅力的。色は全部で4色ご用意しているので、お好みの色を選ぶのもよし、色違いで並べて飾るのもおすすめです。NUTS(ナッツ)は、おつまみ入れやお菓子入れ、また小物入れとして、インテリア雑貨としてお部屋に飾るのも可愛いので、贈りものにもどうぞ。

    ¥11,000(税込)
    shop : ZUTTO

  • 洋2封筒 NTラシャ 緋色
  • 山櫻
    洋2封筒 NTラシャ 緋色

    1949年の誕生以来、日本のファインペーパーのパイオニアとして長く愛され続け、ファインペーパーのスタンダードとして定着しています。良質のコットンパルプを配合することで、柔らかな質感が生まれています。
    寸法(mm):162×114+フラップ50

    ¥7,480(税込)
    shop : SOREAL by山櫻

文/WATASHINO編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • pocket




RANKING

ランキング

  • WATASHINO ONLINE STORE
  • IROGAAL
  • PERSON 経営者・VIPインタビュー
  • 広告


Page Top