2020.10.14

紙を知る Vol.21 軍道紙 今も継承され生き続ける東京都唯一の伝統的な手漉きの日本伝統工芸和紙

TAGS 紙を知る

紙を知る Vol.21 軍道紙 今も継承され生き続ける東京都唯一の伝統的な手漉きの日本伝統工芸和紙

名刺をつくるときに、どんな紙を選べばよいか迷う方は多いのでは?そんなお悩みに、名刺の老舗メーカーである山櫻のスタッフが、紙の特徴などを詳しく解説。名刺をつくる際の紙選びの参考にしてみては?今回は、和紙の産地から選べる高級和紙「軍道紙」をご紹介します。

軍道紙

GUNDO

東京都あきる野市

軍道紙の起源は、大坂夏の陣の落武者が、
先人の旗指物の大旗に使用する紙を漉いたもので、
当時は大畑紙や大幡紙(おおはたがみ)と呼ばれていました。
江戸中期頃より山沿いの小さな村々で紙漉きが行われ、
中でも乙津村字軍道が盛んであったので、
その地名から「軍道紙」と名づけられました。

明治前半には旧乙津村だけで
約四十戸紙漉き業者がありましたが、
洋紙の普及により伝統的な和紙製造が衰退し、
昭和四二年(一九六七)に軍道紙の生産業者は廃絶しました。
現在は、かつて紙漉業を営んだ高野源吾氏より
技術を習得した伝承者からなる軍道紙保存会が、
あきる野ふるさと工房で普及活動を実施しています。

東京都唯一の伝統的な和紙

軍道和紙は楮100%を原料とし、
トロロアオイの粘液を加えて作られています。
紙質はきわめて強靭で、障子紙や帳簿紙、
製茶用の焙炉(ほいろ)紙などに使われています。

東京都で唯一の和紙として、
東京都の無形文化財に指定されています。

軍道紙 名刺

GUNDO × Business card "MEISHI"

紙を知る Vol.21 軍道紙 今も継承され生き続ける東京都唯一の伝統的な手漉きの日本伝統工芸和紙

軍道紙 名刺 

BUSINESS CARD

後世に残したい伝統的な和紙。

東京都指定無形文化財である日本伝統工芸和紙「軍道紙」。名刺の山櫻が運営するオンラインプリントサービス「TSUTAFU(ツタウ)」では、軍道紙を使った名刺がつくれます。普通の紙とはひと味違う、優しい風合いの和紙で名刺をつくりませんか。

■ 軍道紙 片面モノクロ印刷 100枚 10,890円(税込)

■ 軍道紙 両面モノクロ印刷 100枚 14,630円(税込)




この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter



SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • 出雲民芸紙 2020.07.29
    紙を知る Vol.20 出雲民芸紙 伝統技術に現代感覚を加え、よみがえった美しい和紙の産地
  • 小川和紙 2020.06.23
    紙を知る Vol.19 小川和紙 「庶民の紙」を目指し実用性を追求 伝統と職人の想いがつまった和紙の産地
  • 美濃和紙 2020.05.25
    紙を知る Vol.18 美濃和紙 1300年以上の歴史と伝統を誇る日本の代表的な和紙の産地
  • 伊予和紙 2020.04.28
    紙を知る Vol.17 伊予和紙 素朴でやさしい風合いが特徴 豊富で良質な水に恵まれた和紙の産地
  • 土佐和紙 2020.03.23
    紙を知る Vol.16 土佐和紙 種類の豊富さと品質の良さが魅力 日本三大和紙産地のひとつ
  • 石州和紙 2020.02.21
    紙を知る Vol.15 石州和紙 先人たちから引き継がれた伝統技術 世界に誇る石州半紙の産地
  • 越前和紙 2020.01.21
    紙を知る Vol.14 越前和紙 千五百年の長い歴史を築き上げてきた高級手漉き和紙の産地
  • 黒谷和紙 2019.12.25
    紙を知る Vol.13 黒谷和紙 八百年の伝統を守り続ける数少ない純粋の手漉き和紙の産地