2019.07.19

パーソナルカラーで選ぶ百通りの御朱印帳 PERSONAL COLOR MONYO100 GOSHUIN

TAGS パーソナルカラー 文具・雑貨

御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100

6月20日より、且R櫻が運営するオンラインショップ TSUTAFU(ツタウ)にて、文様百趣から5種類の花文様と日本の伝統色20色をパーソナルカラータイプ別に色分けし、100通りの組み合わせから選べる御朱印帳が販売開始となりました。使う人をより魅力的に演出し、御朱印集めが一層楽しくなる、ご朱印帳の新しい選び方を提案する「PERSONAL COLOR MONYO100 GOSHUIN」をご紹介します。

御朱印について

御朱印とは、元々は参詣者が寺社に写経(お経を書き写したもの)をお納めし、その証としていただいたものをいいます。そのため、御朱印のことを「納経印」、御朱印帳を「納経帳」と呼ぶこともあります。現在はこの作法が簡略化され、神社仏閣への参拝の証として御朱印をいただく場合が多くなりましたが、単なる記念スタンプとは異なるものです。

御朱印は、寺社の僧侶や職員の方、神職が押印してくださり、押印と一緒に墨書で寺社名や参拝日、お寺ですとご本尊名やお堂名を一文字一文字心を込めて書いてくださります。

各寺社の特徴的な印や、朱色以外の色の押印、文字の雰囲気など、いただいた後に何度も見返したくなるような素敵な御朱印がたくさん存在しますので、御朱印だけを目的とするのではなく、しっかりとお参りをして神仏とご縁を結び、その証をいただきましょう。

御朱印をいただく際の基本マナー

一、必ず参拝をしてから御朱印をいただきましょう

一、御朱印はいただきたいページを開いてお渡ししましょう

一、御朱印をいただいている間は、雑談などは控え、静かに待ちましょう

一、志納金はおつりが出ないよう、あらかじめ小銭を用意しておきましょう

パーソナルカラーと伝統文様の御朱印帳

TSUTAFU(ツタウ)では、こだわりの手作り御朱印帳を制作、販売している「京はし 満津金」さんとコラボし、100通りの組み合わせから選べる御朱印帳「PERSONAL COLOR MONYO100 GOSHUIN」をつくりました。

御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
伝統文様×日本の伝統色

日本人になじみの深い、桜、紫陽花、菊、鉄線、梅の5種類の花文様。そして、四季折々の自然の変化に富む日本が、四季のうつろいの中に美を見い出し、生まれた日本の伝統色の中からから20色を選び、パーソナルカラーアナリストが4つの季節のタイプに色分け。それぞれを掛け合わせて100通りの組み合わせから表紙が選べます。

御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
伝統文様 花文様5種
花文様 桜

桜の花の咲く様子から、その年の穀物の実りを占っていたことから、桜には豊穣への願いと感謝の気持ちが込められています。

花文様 紫陽花

紫陽花

紫陽花の語源は、藍色の花が集まって咲く「集真藍」だったとされています。藍が愛に通じることから、大きな愛への願いが込められています。

花文様 菊

菊には抗菌作用や多数の薬効があることから、病気や延命に効果があると考えられ、不老長寿の意味を持ちます。

花文様 鉄線

鉄線

鉄線の細くて強靭な蔦は強い結び付きを表すとされています。固い絆を願い、花嫁衣装や訪問着に描かれます。

花文様 梅

早春に芳しく香る梅は、春寒の中で花を咲かせることから、希望や忍耐を表す吉祥文様です。

日本の伝統色 20色をパーソナルカラータイプ別に色分け
Spring 春
日本の伝統色 若苗色

若苗色

田植えの時期の若い苗のような新鮮な黄緑色。

日本の伝統色 ひまわり色

ひまわり色

向日葵の花のようなわずかに赤みを帯びた鮮やかな黄色。

日本の伝統色 水色

水色

澄んだ水の色を模した淡い緑みの青色。

日本の伝統色 浅緋色

浅緋色

茜で薄く染めた緋色のことで、わずかに黄みの赤色。

日本の伝統色 若緑色

若緑色

みずみずしい松の若葉のような明るく浅い黄緑色。

Summer 夏
日本の伝統色 深川鼠色

深川鼠色

薄い青緑みの鼠色、緑みの明るい灰色。

日本の伝統色 一斤染色

一斤染色

染料の紅花一斤で絹一疋を染めたやや淡い紅色。

日本の伝統色 竜胆色

竜胆色

竜胆の花のようなややくすんだ薄い青紫色。

日本の伝統色 桜桃色

桜桃色

赤とピンクの中間でやや紫または朱色がかった色。

日本の伝統色 淡群青色

淡群青色

かすかに紫を含んだ明るい青色を薄めた色。

Autumn 秋
日本の伝統色 菜の花色

菜の花色

油菜の花色のような明るく鮮やかな黄色。

日本の伝統色 木蘭色

木蘭色

木蘭で染めたわずかに赤みのさす鈍い黄褐色。

日本の伝統色 柿色

柿色

柿の果実のような鮮やかで濃い橙色。

日本の伝統色 浅葱色

浅葱色

浅葱とは薄いネギの葉にちなんだ薄い藍色。

日本の伝統色 琥珀色

琥珀色

琥珀の石のような透明感のある黄褐色。

Winter 冬
日本の伝統色 苺色

苺色

鮮やかに色づいた苺の実のような少し紫がかった赤色。

日本の伝統色 孔雀緑色

孔雀緑色

孔雀の美しい青緑の羽のような鮮やかな青緑色。

日本の伝統色 瑠璃色

瑠璃色

宝石の瑠璃のような紫みを帯びた濃い青色。

日本の伝統色 ベビーブルー

ベビーブルー

欧米のベビー服に用いられる緑がかった淡く薄い青色。

日本の伝統色 茄子紺色

茄子紺色

野菜の茄子の実のような紫みの濃い紺色。

江戸の価値観を未来に継承していく印刷店

京はし 満津金は、昭和6年(1931年)創業の金陽社印刷所が運営するお店。店主である三代目 細田剛氏いわく「京橋で生まれ育ち、印刷業を営む私達だからこそできることを発信していきたいと考えて開いた」というこのお店では、江戸の美意識や洒落に漂う、さり気なさと、京橋に宿る町の記憶を、四季折々の日本の伝統を織り込みながら、印刷を通して表現しています。

ここでは、神社仏閣めぐりのおともにぴったりの御朱印帳をはじめ、細田氏が「江戸具」と呼ぶ一筆箋や手ぬぐいなど、江戸以来の町、京橋にゆかりの深い「竹河岸」「大根河岸」「町火消」「擬宝珠」「京橋川」「広重」「江戸歌舞伎」を画題にして、印刷のしきたりや習わしに従い、10年、20年経っても変わることのない価値観を志したモノたちに出逢えます。

御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100

SHOP DATA

東京都中央区京橋二丁目6-5(葛燉z社印刷所 本社 一階)

TEL:080-3543-2668

営業時間:12:00〜19:00

定休日:毎週日曜日・月曜日・祝日・年末年始

ホームページ:http://www.kin-yosha.co.jp/matsukin.html

御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100


PHOTO GALLERY
御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100
御朱印帳 GOSHUIN PERSONAL COLOR MONYO100

この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter